美肌になるスキンケア方法ビューティライフ > お肌の基礎知識 > 角質層のバリア機能について

角質層のバリア機能について

角質層には、『バリア機能』と言って外界からの異物の侵入を防ぐなどのバリアの役割をしています。

例えば、お風呂に入っても皮膚はふやけるけど、体の中までふやけないのは、この『バリア機能』のおかげです。

また、皮膚の水分の蒸発を防ぐのも、角質層の重要な『バリア機能』の一つです。

ですから、角質層は死んだ表皮細胞とは言え、皮膚や体を守る大切な役割をしています。

健康なお肌は、角質層の水分が約30%あって、このバリア機能も高いのですが、お肌の水分が30%以下になると『乾燥肌』と言われ、バリア機能も低下してしまいます。(くわしくは乾燥肌・敏感肌についてを参照)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット方法『ハッピーダイエット』のfacebookページができました。

様々なダイエット情報の更新情報を配信しています。facebookページへの参加は下の『いいね!』ボタンをクリックしてください。

角質層のバリア機能についての関連記事

    None Found

人気のスキンケア