美肌になるスキンケア方法ビューティライフ > 洗顔・クレンジング > 洗顔料の選び方

洗顔料の選び方

固形タイプ、液状タイプ、クリームタイプ、粉タイプ、泡で出てくるタイプ、泡の立たないタイプといろいろあります。

肌に優しいということで弱酸性の洗顔料も最近ありますが、実際はあまり意味がありません。

洗い流す時に中性の水道水ですすぐので、弱酸性の洗顔料で洗っても、洗い上がりは中性です。

今の化粧水は、ほとんどが弱酸性なので洗顔後に化粧水をつければ特に問題はありません。

洗顔料は洗浄力が弱いと汚れが残ってしまいますので、自分の肌に合ったできるだけ強い洗浄力の物を使いましょう。

商品によって特徴は、様々なので一概には言えませんが大まかな傾向です。

液状・クリームタイプ

液状タイプやクリームタイプは、肌に優しく作られている物が多く、洗浄力は弱く油分が多い物が多いです。

洗浄力が弱いと刺激が少なくなりますが、汚れがしっかり落とせなくなります。

また、油分が多いと洗い上がりにつっぱり感は少なくなりますが、油分が残って油膜を作り、老化の原因にもなります。

粉・泡タイプ

粉タイプや泡で出てくるタイプは、商品によって様々です。

洗浄力・油分の量は商品によって大きく違いますので、実際に使ってみないとわからない物が多いです。

泡の立たないタイプ

泡の立たないタイプは、かなり洗浄力が少なくできていますので、アトピー性皮膚炎などの方以外には、あまりおすすめできません。

固形タイプ

しっかり洗浄できて油分も少ない物が多い。

油分が少ないとさっぱり洗い上げることができますので、つっぱり感を感じることもありますが、その時は化粧品で補ってあげるといいでしょう。

洗浄力がしっかりしていて油分が少ない物が多いので固形タイプの洗顔料が一番無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット方法『ハッピーダイエット』のfacebookページができました。

様々なダイエット情報の更新情報を配信しています。facebookページへの参加は下の『いいね!』ボタンをクリックしてください。

洗顔料の選び方の関連記事

    None Found

人気のスキンケア