美肌になるスキンケア方法ビューティライフ > 肌トラベル別対策法 > 紫外線

紫外線

お肌にとってやっかいな存在の紫外線。

紫外線は、シミの原因になるだけでなくコラーゲン線維を破壊しシワを作り、お肌を酸化させて老化を早めてしまう原因でもあります。

ですから、「ちょっとの外出だから…」とか「家の中だから…」、「今日は天気が曇ってるから…」ではなく毎日キチンとUV対策をすることが大切です。

家の中ならばパウダーファンデーション程度でも良いですが、外出する時は日焼け止めをしっかりつけるようにしましょう。

紫外線の種類

紫外線A波(UVA)

長派紫外線とも呼ばれ、B波に比べて、お肌への刺激は弱いがお肌の奥の真皮にまで浸透して日焼け(サンタン)を起こします。

シミやシワの原因であり、コラーゲン線維を破壊したり、ガンの原因にもなります。

雲も透過するのでくもりの日でも照射量はあまり変わりません。

紫外線B波(UVB)

短波紫外線とも呼ばれ、A波に比べて、お肌への刺激が強く、ヒリヒリしたり赤くなったり(サンバーン)します。

A波と同様に、コラーゲン線維を破壊したり、ガンの原因にもなります。

透過率が低いため、窓ガラスや雲である程度さえぎられます。

紫外線B波は、曇りの日や家の中ではある程度遮断されてるのですが、紫外線A波は曇りや家の中など関係なく透過するので毎日キチンとUVケアを行いましょう。

日焼け止めに書いてあるSPFとPAとは?

SPFとは?

紫外線B波をカットして、サンバーンを起こすまでの時間を表しています。

サンバーンは、成人だと約20分(個人差もありますが平均です。)だと言われています。

例えば、サンバーンを起こすまで400分だと400÷20=20なので、何もつけてない状態と比べて20倍の時間UVBをカットしたのでSPF20となります。

同様にサンバーンを起こすまでに600分ならSPF30となるわけです。

ここで注意してほしいのは、あくまでもUVBをカットした時間なので必ずシミができないというわけではありません。

日焼け止めをつけても100%紫外線をカットできるわけではありませんので、日焼け止めをつけても少なからず紫外線は浴びることになります。

現在SPFの最高の物はSPF50です。

PAとは?

PAとは日本独自の基準で紫外線A波をカットする力を表しています。

「+」から「+++」までの3段階で表示されます。

現在最高の物は、「+++」です。

紫外線A波は、お肌の奥の真皮にまで浸透してシミやシワを作ります。

紫外線A波の方が、お肌の奥から老化を促進するため、お肌の老化を防ぐためにPAは、とても重要な表示です。

日焼け止めを購入する場合は、必ずPAを見てから購入するようにしましょう。

最低でも「PA++」の物を、紫外線の強い時期(4月~9月)に外出する時は「PA+++」の物を使うことがおすすめです。

また、日焼け止めは毎日使う物なので、お肌に負担を掛ける紫外線吸収剤を含まない物を選んだ方が無難です。

「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」と表示されてるので日焼け止めを購入する際は、よく確認をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット方法『ハッピーダイエット』のfacebookページができました。

様々なダイエット情報の更新情報を配信しています。facebookページへの参加は下の『いいね!』ボタンをクリックしてください。

紫外線の関連記事

    None Found

人気のスキンケア